路地裏

| main | すべりだい その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
東野圭吾 【どちらかが彼女を殺した】



この本読んだのこれで4,5回目だ。
デコデコマンさんのウェブログで取り上げてたので久しぶりにまた引っ張り出してみた。

自分の謎解きが模範解答(のようなもの)として成り立つかに最大限の注意を持って読んでみた。

以下、私なりの解答です。ネタバレありです。
まだ作品を読んでない人には見ない事を勧めます。
>>つづき

※ページ数は文庫版のページです。

佃潤一と弓場佳代子、犯人はこの二人のどちらかに絞られているが、なんとなく読んでいるだけでは特定が難しいと思います。
犯人を特定する為には“利き手”が重要な鍵になっているのは読んだ人なら分かる事でしょう。

そこで、金曜日の夜から時系列で追ってみることにしましょう。
金曜の夜、佃が夜11時頃に園子の部屋に来た(P317で供述)ところからです。

−−−−−−−−−−−−−−−−

【11時頃】

佃が園子の部屋に訪れます。
佃がとった行動はP277から佳代子が康正に告白した通りです。(※1)
包丁の右側にビニールの断片が付着しているので佃は“右利き”である事が分かります。


【12時(少し前)】

佳代子が園子宅を訪れます。
目的は園子を殺害する為で、練馬区内で発生している連続OL絞殺事件の被害に見せかける為に土足で侵入し、犯行に使うためのビニールロープも用意しています。(※2)
しかし部屋には佃がまだ残っており、佳代子は思い直し犯行を断念する。
佃は午前1時からのアリバイ作りを用意していたので先に部屋を出て自宅に帰ったと言っています。


【12時20分頃】

佳代子が園子の部屋から出る。(P336で供述)


【1時頃〜2時頃】
佃の自宅に同じマンションの住人、佐藤幸広がピザを届けに来ます。
それから1時間ほど(つまり2時くらいまで)2人は話をしています。
1時半に佳代子から佃に電話があり(P245佐藤の証言)、それをきっかけに佐藤は自分の部屋へ帰っています。
この間、園子の部屋の明かりが点いているのを園子の部屋の上の住人が証言している。

−−−−−−−−−−−−−−−−

金曜の夜の出来事はざっとこんな感じです。
2時以降は佃、佳代子両人とも自宅にいる事になりますがアリバイはありません。
しかし、園子が自殺したのではない(=佃か佳代子のどちらかに殺された)事は言えます。
P347で康正は園子がとった行動を園子以外の人間が行った場合、園子とは違う痕跡を残すものが存在すると気がつきます。

それは園子の部屋に残された2つの薬袋です。
薬袋は2つとも“右手”で開けられたものなのです。
康正が犯人を特定できたポイントはP290で佳代子が康正の目の前で薬袋を開けた時です。
P348で康正が『答えは出たんだよ 俺はこの目でその瞬間を見ていたんだからな』というのはこの時の事を指します。

では佳代子の利き手はどちらか。 “左利き” という事が言えます。
(佳代子が右利きでは康正は答えが出せなくなるからです。加賀も同じでしょう)
何故、康正は佳代子の薬袋の開け方を見て答えが出たのかというとやはり現場に残された2つの薬袋が両方とも“右手”で開けられたものである事に気がついていたからです。
(園子の通夜で佳代子は右手でペンを持ちますが、園子と同様に筆記具は矯正した右手で書いたとも考えられるので通夜の時点で佳代子の利き手を断定するのはまだ早いようです。)


つまり犯人は 佃潤一 という事が言えます。
包丁を使ったコードの切り方から佃は右利きだと分かります。
(また康正に警察手帳を求める際も右手を出しています)
2時以降、再び園子の部屋を訪れ自殺にみせかけて殺したのです。

作中で佳代子の利き手は左手だ。と明言はされていませんが康正が犯人を特定できた事から逆算すると答えは導き出されます。
なかなか難しかったですが、“犯人探し”ではなく犯人でないのは誰か考えたほうが分かりやすい作品かもしれません。


以上です。長文お付き合いいただきありがとうございます。
参考になりましたでしょうか。



【※1】
テープに録音した佳代子の供述は佃が行った事ですが、鍵をかけて部屋を出たという点は12時少し前に佳代子が部屋に現れるので嘘だと分かります。


【※2】
この“ビニールロープを現場に残す意味”を私は考えました。
佳代子が犯人だとすると、感電死自殺に見せかける為には余計な物だと言えます。仮に捜査が行われた場合の撹乱の為というのも考えられますが、土足であがりこんだ為に残した土などもあり、佳代子にとってはリスクが高いと思われます。
この事からも佳代子は佃と園子の部屋で鉢合わせた際に殺害を本当にあきらめたゆえにロープは残されたのではないかと思いました。
| てんぐ | 過去の記事 | 00:15 | comments(17) | trackbacks(4) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:15 | - | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/09/19 6:56 PM |

>coさん

コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。

幾つかご指摘の点がありますが、残念ながら推測の域を出ない物のように思えます。

読者は書かれていることのみを材料にしなければなりません。
仮説だけで人を納得させるのは無理があります。

だから、時系列に並べるという面倒臭い作業をやってみたのです。
作者も矛盾点が生じないように、予め作っていたのだと考えています。

佳代子が犯人だとすると、無駄な行動がありますね。
さらに、佳代子を犯人とする決め手が無いのです。

再読されてみては如何でしょうか。
| てんぐ | 2011/05/09 11:48 AM |

他の方が書いている(他サイト等)通り佃純一と言いたいですが、佃さんが犯人だと納得できない点があります、兄が自殺偽装する前は明らかに他殺現場です犯人は他殺と判定をして欲しかったのだと言う点です。

なので犯人は佳代子の方だと思いますよ。
最近呼んだので今更になりますが。

両方とも右で破れていた=純一では無く。
両方とも右で破れていたから=佳代子なんです。

袋の破れ方のみではなく容疑者二人と被害者との関係(純一は日が浅いが佳代子は高校から一緒)や、あまり深くは書いていないですが動機に関して考えれば解ります(純一は二人の仲を引き裂かれなければ問題はないが佳代子は過去の汚点を知られているのが怖かった)。

佳代子は純一が去った後、純一に罪を着せるよう仕向けたのです。
後に出た佳代子が流し台にグラスを置いたままにしていたり(康正が隠さなければ自殺では無く警察は他殺扱いにしたと思います)絆創膏を使ったのもおそらく純一に容疑をかぶせる為です。

それらを踏まえて左利きの佳代子が右で袋を破る=佳代子が純一に容疑をかぶせるになると思います。

佳代子は袋を破る際に気付いたのです、純一は園子が左利きと知らないという事に(純一の袋が目の前にあるのだから)。
佳代子は高校時代にラケットの握り方等で知っていたと思います。
後で警察に偽造した犯人に関して調査された際に自身は園子が左利きと言うのを知っていた偽装するなら左で破ると言い逃れする為。

両方とも右で破れていた=純一では説明がつかない他のサイトをみてもだから・・・と具体的には記載が無く決め手に欠けます。

なので、この小説は破りかたがきっかけではあるが、答えでは無い。
破り方のみだけで考えていると答えにはたどり付けない。
その後にだからどうなんだと仮説をたてなければ答えにはいけないと思います。
| co | 2010/07/16 5:34 PM |

犯人は佳代子の方だと思いますよ。
最近呼んだので今更になりますが。

両方とも右で破れていた=純一では無く。
両方とも右で破れていたから=佳代子なんです。

袋の破れ方のみではなく容疑者二人と被害者との関係(純一は日が浅いが佳代子は高校から一緒)や、あまり深くは書いていないですが動機に関して考えれば解ります(純一は二人の仲を引き裂かれなければ問題はないが佳代子は過去の汚点を知られているのが怖かった)。

佳代子は純一が去った後、純一に罪を着せるよう仕向けたのです。
後に出た佳代子が流し台にグラスを置いたままにしていたり(康正が隠さなければ自殺では無く警察は他殺扱いにしたと思います)絆創膏を使ったのもおそらく純一に容疑をかぶせる為です。

それらを踏まえて左利きの佳代子が右で袋を破る=佳代子が純一に容疑をかぶせるになると思います。

佳代子は袋を破る際に気付いたのです、純一は園子が左利きと知らないという事に(純一の袋が目の前にあるのだから)。
佳代子は高校時代にラケットの握り方等で知っていたと思います。
後で警察に偽造した犯人に関して調査された際に自身は園子が左利きと言うのを知っていた偽装するなら左で破ると言い逃れする為。

両方とも右で破れていた=純一では説明がつかない他のサイトをみてもだから・・・と具体的には記載が無く決め手に欠けます。

なので、この小説は破りかたがきっかけではあるが、答えでは無い。
破り方のみだけで考えていると答えにはたどり付けない。
その後にだからどうなんだと仮説をたてなければ答えにはいけないと思います。
| co | 2010/07/16 4:58 PM |

ちびちびさん、初めまして。

しばらく更新していないブログですが、こうやってお役に立てていると嬉しいです。
時系列に並べるのは自分でも納得したい為と、それをやっても納得し切れないなら諦めよう。
という思いでやってみました。

東野氏に関わらず、ミステリー作家って時系列の表を作ってストーリーを組み立てるんでしょうかね。
| てんぐ | 2008/01/13 12:02 AM |

初めまして。
先ほど本を読み終わり、すぐにネットで「犯人」を探し始めました。
あぁ、やっぱり、そうだったんだ〜、というのと共に、
時系列で事件当夜の流れをまとめてあったので、
一気に頭の中が整理された感じです。
ありがとうございました^^
| ちびちび | 2008/01/12 9:49 PM |

Neiさん(最初Newさんという別人かと思いました)

ざっと読んだだけでも、消去法で“なんとなく”は分かりますけど“なんで?”ってなると
検索エンジンのお世話になりますよね(笑)

かくいう自分もこのテキストを書いた後に幾つか見て回りました。
| てんぐ | 2007/09/15 12:05 AM |

↑Neiと打ったつもりが、Newになってました(笑
| Nei | 2007/09/14 1:03 AM |

なるほど。そこまで頭が回りませんでした(笑
そうですね。かなり不利になりますね。
本書の犯人あては、基本的に消去法で導き出していく過程を楽しむものですから、そうなると必然的に佳代子はシロになりますね。

ちょっとスッキリしました。ありがとうございました。
| New | 2007/09/14 1:02 AM |

Neiさん

コメントありがとうございます。
けっこう前に書いた記事にコメントが残ると嬉しいです。

佳代子が園子の利き手を誤認していた場合ですか。
ややこしくなりそうですねぇ(笑)

しかし、そうすると佳代子は部屋にロープを残してしまっているのでかなり不利になりますね。
殺されかけた証拠が部屋に残った状態で園子が直ぐに自殺する・・というのも無理があるような気がします^^;
| てんぐ | 2007/09/12 12:45 AM |

初めまして。
自分の意見に確信が持てず、ウェブサーフィンして辿り着いた者の一人です。
初めてこういった本を読んだので、自分でもレビューを書きつつ人様の意見が気になった次第です。

ところで、ひとつだけ疑問があるのですが、佳代子が園子の利き手が右だと誤認していた場合、偽装にみせるために、敢えて右手で破るとは考えられません?
それとも、高校時代からの付き合いだから、(バトミントンのラケットは左利き用)左利きだと知っていたはず。って事なんでしょうか。

長くなって申し訳ないです。
また、お邪魔します。
| Nei | 2007/09/11 1:34 AM |

>ひでさん

コメントありがとうございます!
(物凄く遅いお返事になってゴメンナサイ)

参考にしていただいて光栄です。
書いた甲斐があります。
| | 2007/01/21 4:17 PM |

先ほど読破しました。

読み終わった後、えっ!?犯人言わないで終わり??

こんなんあり?えっ?分からん??(悲)

っと、なりこのサイトに来ました。

ありがとうございます。すっきりしました!
| ひで | 2006/12/16 10:52 PM |

>サナヤさん

コメントありがとうございます。
随分古い日記ですから、検索で来られたのですね。

仰る通り、佃が犯人と分かってからの詰めが難しいですね。
ハッキリとした記述がないので内容をよく読んでいないとお手上げになります(笑)

お役に立てて光栄です。
| てんぐ | 2006/10/19 12:14 AM |

昨日、読破した者です。

正直、最初は「犯人が左利きなら、自殺の可能性も残るし、犯人は右利きなんだな?なら、どっちかが左利きって描写があれば、そいつはシロだな。」という感じで読み返すも、どっちも右利きに思えて、アレ?って感じに…(笑)

でも、真相にたどり着いた康正氏は佳代子の薬を破いたのを見てからたどり着いたのだから、佳代子は左利きなんだろう。なら、潤一が犯人か!

と思ったのはいいんですが、巻末の解説読んでも自分の推理に自信が持てなくて、ネット上をさまよい、このサイトに行き着いた次第です。

同じ意見の人がいてよかったぁ…。
ようやく自信が持てました。
ありがとうございます。
| サナヤ | 2006/10/17 1:58 PM |

コメントありがとうございます!

今回は読んだ後に“実際にメモをとってまとめてみる”という暇な事をやってみました。おかげでかなり脳みそ使いました。
今は何も考えずにモロゾフのプリンを食べたいです。

>東野圭吾のこの試みはあたったんだろうか?この本売れたのかな?

面白い試みだけど答えが分からなくてモヤモヤしてる人が多いでしょうね。ネットで調べてみてヒット数の多さに驚きました。
売れ行きはどうなんでしょう。。
東野作品では中の下あたりではないかと勝手に想像してます^^;
(私が彼を殺したはもっと↓でしょね。。。)
| てんぐ | 2004/07/06 12:11 AM |

凄い分析だなあ・・・。
おかげさまでよくわかりました。
でも、俺はここまでできないな。
東野圭吾のこの試みはあたったんだろうか?この本売れたのかな?
| デコデコマン | 2004/07/05 3:43 PM |










http://rojiuranote.jugem.cc/trackback/56
◎読書記録◎ 「どちらかが彼女を殺した」 東野圭吾
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
| The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから | 2012/02/26 1:54 AM |
東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』
どちらかが彼女を殺した講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』を紹介します。妹である和泉園子が殺された。そこで、警察官である兄、康正が容疑者を探すことになる。現場検証によって、園子の自殺ではなく、2人(園子の元恋人と
| itchy1976の日記 | 2009/01/31 7:13 PM |
東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)東野 圭吾  ちびちび的プチ評:[emoji:i-280][emoji:i-280]   究極の犯人探し? 消化不良にご注意を。 講談社 1999-05Amazonで詳しく見る by G-Tools 愛知県警豊橋署に勤務する和泉康正は、 東京に住む妹・園子から不
| 奥さまは149cm | 2008/01/12 10:01 PM |
のぞき屋 新のぞき屋
のぞき屋 新のぞき屋
| のぞき屋 ドラマ / コミック | 2007/06/04 7:13 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ